理想の年収と福利厚生


皆さんは新卒就活で企業を選定する際、
給料についてはどれほど重要視していますでしょうか。
「正直、どこの企業も同じ」だと思っていませんでしょうか?
若い内からそうした考えはいけません。
安い給料でコキ使われることも、
最初の3年までは耐えられるかもしれませんが、
30代、40代にもなって年間500万円を越えませんと
結婚も育児も出来ないかもしれません。
それゆえ多くの方が転職という道を取りますが、
日本の中途採用は意外とシビアで、
今ある職より高給与の会社に再就職する場合、
何かしらの特殊技能や資格が必要なことも珍しくありません。
そんな苦労をするぐらいでしたら、
新卒の時から高月給のところに入社するのが
一番の得策と言えるのではないでしょうか。

営業職の年収が良いとして評判になっているのが
日本コーンスターチ株式会社です。
学部卒で月額22万円の基本給とし、
これに賞与の5.8ヵ月分の給料が加算され、
特別ノルマを達成することで更に賞金が上乗せされます。
これは、日本に数多く存在する営業職の中でも
なかなか高い年収と言えます。

さて、新卒就活で企業を選定する条件の話に戻しますが、
皆さんが要因の1つに挙げるものとして、福利厚生の有無ではないでしょうか。
今の時代、一般的な会社でしたら、
残業手当や交通費手当が付くのは普通だと思います。
しかし、福利厚生の幅は広くあり、有給はどこまで認可されるのか、
産休・育休はあるのか、資格取得手当はあるのか、
社宅はあるのかなど……こうしたものも福利厚生として扱われています。
日本コーンスターチの福利厚生では、
資格取得支援制度および合格者に対する手当支給、
職位別のスキルアップ研修の実施、産休・育休あり、
社宅および独身寮あり、社会保険完備、
契約リゾートホテルなどが揃っています。
また、福利厚生ではありませんが、週休2日制、年末年始休暇ありも
重要なポイントと言えるのではないでしょうか。

休日数、福利厚生、年収が比較的優遇されている日本コーンスターチは、
就活生の間でも結構人気が集まると思います。
募集人数10名ですので、かなり競争が激しそうですね。